天然水を毎月無料で宅配いたします。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2008年07月11日

VOL.23 退院の日(後編)

術後7日目


九大を退院後、その足で福岡市立こども病院へ向かいました。

主産後、初めて我が娘との対面です。

帝王切開で取り上げられた後は、ほんの一瞬たりとも

我が子とは対面させてもらえませんでした。

ましてや、女の子は呼吸障害を引き起こしていた為

泣き声さえも聞き取れない状態でした。

九大から、こども病院までの道のりは、結構遠いんですよ。

夫は、よくこの道のりを行き来したものです。


可愛い我が子の為なら、少しの労力も惜しまないって

正にこういう事を言うんですね。

さて、いよいよ女の子との対面です。

第一印象は、長男の生まれた時にそっくり!!

普通の赤ちゃんを小さくした感じで、思ったより成熟していたので

少し安心しました。

出産時は、顔・胸など、かなり腫れぼったい感じだったそうです。

生理的体重減少で、1200gまで体重が減った後は、徐々に

体重も増え始め、今は1334g。

ミルクも1回=12ccチューブから注入されています。

わたしは、手洗いを施し、恐る恐る保育器の中へ手を入れました。


小さくて、やわらかくて、こわれそうで・・・・・・・。


ずっと見ていても、本当にあきないほど可愛くて・・

しぐさというか、雰囲気は女の子そのものです。

義母も、モニター越しに面会し一言『けんちゃんにそっくりた~い』

せっかく会えて名残惜しい気持ちで、いっぱいいっぱいでしたが、

主治医と看護師さんに思いを託し、こども病院を後にしました。


ここ、こども病院は、皆さんTVでごらんになった方々も多いかと思います。
全国から、様々な病気で苦しんでるお子さんが、治療や、手術を受ける為に
集まってきているのです。
その程度は異なるものの、皆同じ不安や悩みを抱えた両親や、家族が
我が子をしっかりとサポートしているのです。


私達も、まだまだ、これから乗り越えていかなければならない

ハードルも待ち受けていることでしょう。

でも、私達両親がしっかりしないと、子供達も必死に頑張っているのだから・・


身が引き締まる思いでした。icon21


http://kids.ocnk.net/  リトルウイングKID‘S早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:28Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月11日

VOL.22 退院の日(前編)

術後7日目

いよいよ退院の日となりました。【母親のみの退院です。】

早朝から、検査や血圧・体重測定と慌しく行われました。

久々に体重を測ってみると、ほぼ妊娠前の体重に戻っていました。

双子のわりには、体重増加も少なめだったのですが、

今回は、心身ともにかなりダメージを受けた為か、一気に体重も

落ちたのかなぁと思いました。



AM10時過ぎに、夫が迎えに来てくれました。


次の入院患者が控えていた為、私は追い出されるようにして部長室?

という部屋へ移動させられました。


その後、退院前の診察と腹部の創の抜糸が行われました。


10針だったでしょうか、手早く抜糸されたのですが、その際

皮膚まで剥離されとても痛い思いをしました。

帝王切開後、術後7日目で抜糸して退院なんて、なかなかハードです。

母子手帳を記入してもらい12:00過ぎ九大を退院しました。



男の子を一人残したまま・・・


ママだけ先に帰ってごめんね。また会いにくるからね
一緒に帰れる日を心待ちにして、一緒に頑張っていこうね・・



http://kids.ocnk.net/ リトルウイングキッズ早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 09:28Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月10日

VOL.21 最後の夜。

術後6日目



AM5:30頃目覚めると、自分の胸?!と疑うほどかなりおっぱいが、張っていて



早朝から搾乳です。同室の経産婦さんに聞いたのですが、



電動搾乳器かなりいいらしいですよ!!face02



午後から長男と、夫の両親が面会に来てくれました。



排泄の自立も進み、半月ほどで心身ともに成長してくれたことを



本当にうれしく感じ、両親にも感謝しました。face01



病棟主任Drと主治医が訪れ、明日退院が許可されました。



男の子が小さかった理由を尋ねると胎盤の分岐部に問題icon15があったととの事でした。



胎盤の中央ではなく、端よりに分岐した為、女児の胎盤は大きく



男児の胎盤は小さかった為、十分に発育できず、



また、臍帯も一部細くなってなっている箇所があり、血流障害を起こしていたのであろうとの



見解でした。



今日も一人でNICUへ面会です。体重686g



ミルク1回=5cc 電解質の結果も良く、順調です。



【体重はまだ減るのかなぁ?】



表情豊かで、顔つきも少しはっきりしてきました。



『お腹がすいてくると、口をチュパチュパさせるんですよ。』



看護師さんが教えてくれました。






http://kids.ocnk.net/  リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:07Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月10日

VOL20. クール宅急便?!

術後5日目



今朝も、おっぱいの張りと、創の痛みで目が覚めました。



搾乳量も1回70cc~100ccと増えてきました。



1人で腹部のレントゲンを撮りに行ったり、看護学生さんに



髪を洗ってもらったり、私自身は、順調に経過していました。アップ



今日は、7/31(水)夫は超多忙な時、仕事の合間を見て、



クーラーBOXを持って訪れ、冷凍母乳を預けると、急いで



子供病院の、女の子のもとへ向かいました。



【福岡の東から西へ・・クール宅急便状態です。】



今日も一人でNICUへ面会です。



今日の男の子の体重は、690g




また減ってます・・・・・。




ミルクは、1回=4ccを3時間毎に、チューブから注入されています。



よく目を開け、時々ニヤッとしたり、不細工な顔をしたり、



ずっと見ていてもあきません。



子供病院の女の子は、ミルク1回=6ccを上手に消化できるようになり、



経過も良好との事です。【夫より】



早く会いたい・・・






http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 14:29Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月07日

VOL.19 母の誓い。

術後4日目



創の状態や、子宮の収縮も良好で、動作や歩行も、

随分と自然にできるようになってきました。



今日は、7/30(火)。



月末で夫も忙しく、面会には来れないようです。



1人でNICUへ面会に行きました。



男の子の体重は、709g。生理的体重減少で、

出生時よりも、体重は減ってましたが、



ミルク3ccは順調に消化できていました。



保育器の外へ漏れるほど、大声で泣いてるそうです。



面会に行った時は、両目をパッチリ開けていました。

【ほとんどが黒まなこです。】



大きなクリクリとしたお目々が、印象的です。



面会時に、1人のお母さんと仲良くなりました。



その方のお子さんは、妊娠28Wで誕生し、体重はなんと450gだったそうです。



半年間は、保育器生活を余儀なくされる事を、お母さんも覚悟されてました。



でも、うちの子と一緒ですごく元気だそうです。



生命力って、とても偉大ですよね。



きっと そういう子は、強運の持ち主なんだと思います。



その子なりの、とてもゆったりとしたペースで、その子なりの成長を遂げていくのを



私達は、これからしっかりとサポートし、温かく見守り続けて生きたいと



心に強く誓いました。





http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 10:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月06日

VOL.18 母乳。

術後3日目



明け方AM4:30頃、病衣の胸元が母乳でびしょぬれになり、目が覚めました。


乳房がはりだしたのです。NSステーションまで、痛みをこらえて歩いていき、



助産婦さんに、乳房マッサージを行なってもらい、何とか楽になりました。



【どうして、NSコールせずに歩いて行ったかと言うと、出産後も個室が満床で、
ここは4人部屋だったからです。】



お腹の創部、特にドレーンの穴が痛く、動くのもかなり辛い状態でした。



午後からは、助産婦さんの指導のもと、本格的に搾乳し、母乳パックも作れるようになりました。



夕方、夫と一緒にNICUへの面会に行きました。



保育器内の酸素がOFFされ、普通の空気が送り込まれていました。



ミルクは1回=2cc、黄疸が出てきたので、光線療法が開始されました。



女の子の方は、ミルクがうまく消化できていない事を知らされました。




少し気掛かりです・・・・・・。










http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S早岐店・伊万里店


  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月06日

VOL.17 小さな命。

術後2日目



車椅子に乗り、17:00頃から、夫とNICUへ面会に行きました。



男の子との初対面です。



想像以上に小さく、やせ細っていました。



でも、必死によく動いていて、呼吸もしっかりとして頑張ってます!!!



時々ニヤリとしたり、顔をしかめて、泣きそうになったり、目を開けそうになったり



鼻から細いチューブを通され、そこからミルクが注入されます。



1回1CC のミルクをきちんと消化出来ていました。



まだまだ先が見えず、不安要素もたくさんありますが、



その生命力で元気にたくましく育ち、1日も早く大きくなって、出て来てほしい・・・・



NICUを出て、車椅子で、デイルームへ行くと、祖父母と一緒に長男が面会に来てました。



かなり日焼けして、ちょっとだけ、お兄ちゃんらしくなった長男は、



『ママ、お腹あいたしたと?』  と不思議そうに質問してきます。



しばらく話をして、私が部屋へ戻ろうとすると、不安で淋しそうな瞳をしていて、



後ろ髪を惹かれる思いで、部屋に戻りました。



夕食から、流動食が開始となり、持続点滴も抜去されました。



夜痛み止めなしで眠れるか不安でしたが、



この夜は久々に良眠できました。




http://kids.ocnk.net/  リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店




 
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 10:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月05日

VOL.16.早く会いたいな・・

術後2日目



朝になると、熱は下がっていたものの、痛みによる不眠で、頭はフワフワ・・・



早朝に尿管が抜去され、お昼になると、トイレに行きたくなりNSコールしました。



電動ベットでゆっくり起き上がり、看護師に介助してもらいましたが、腹筋を少しでも使うと



激痛で、涙がポロポロicon11と出てきました。震え上がるような痛みです。



お腹を切るという事は、こんなに大変なんですね。



お昼を過ぎると、私の母親と弟がはるばる、片道3時間  

かけて面会に来てくれました。



実は、私の母も2回目の出産は、帝王切開でした。



母は、手際よく腹帯を装着してくれたり、トイレ介助してくれたり、



やっぱり頼もしい存在です。



夕方になり、夫が面会に来てくれました。



女の子の方のビデオ  を撮影してきており、見せてもらいました。



男の子より成熟しており、表情は女の子らしく、とても可愛い!!



長男似!?




早く会いたいな・・・・・・


http://kidsocnk.net/ リトルウイングキッズ早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月05日

VOL.15 痛みとの戦い・・

術後1日目



双子の出産であった為、術後の出血が懸念されましたが、貧血も


さほどなく、輸血の必要もありませんでした。



痛みは相変わらずで、寝返りもうてず、腰~背中が痛み、5時間毎に



左右交互に痛み止めの注射を打ってもらいました。



昼過ぎに、主治医と助産師が、創部のガーゼの交換に来ました。



創部のほかにペンローズドレーン(創部の血液等を排出する為の管)



が1本入っており、そのドレーンが抜去されました。



『明日から、歩行OKだから、ベット上でどんどん体を動かして!』



と言われましたが、とても無理!!



術後の患者さんの気持ちが、よく分かりました。貴重な体験です。



夕方頃、夫が仕事の途中で面会に来てくれました。



女の子は、人工呼吸が、外され、自発呼吸ができ、元気が出てきた事を聞き



とても嬉しかったです.。



男の子は、ビデオカメラ  からの映像を見せてもらいました。



初めて、我が子を見るのです。ドキドキ・・・  



小さいけど本当、元気に大きな声で泣いています。



(NICUでも2番目に元気な子だそうです!)



うつ伏せで保育器に入っており、とてもやせていました。



全体的に産毛に覆われ、赤っぽく、髪の毛は立派に生えていました。



鼻も高い?!



実際の大きさは、ちょっと想像がつきませんでしたが、この子なりに必死に



頑張っているのが伝わってきました。 



私も痛みなんかに負けていられません。長男も祖父母と面会に来てくれましたが、


私がまだベット上で安静で、小さな子供は、病室に入れない為、この日は会えず、



とても寂しい思いをさせてしまいました。(涙・・・



夜になると、私は熱が上がり、痛みで眠る事も出来ず、赤ちゃん達の事を


考えていると、いつの間にか夜が明けてきました。







http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 10:10Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月04日

VOL.14 不安と痛みと・・



帰室後、1時間経つと、徐々に何の痛みか分かりませんが、



(子宮の収縮?! 創痛?!) 症状が現れ、2時間経つと、とうとう



我慢できず、鎮痛剤の注射を打ってもらいました。



体中が温かくなり、ウトウトしていると、夫が地下鉄を乗り継いで九大へ戻ってきました。



戻ってくると、すぐ小児科・産科医に呼ばれ、男の子と対面(保育器ごしですが・・・)



説明を受け、その後は、赤ちゃんの入院手続などで、バタバタしていたようです。



予定日より、ちょうど2ヶ月早く(31週1日)で誕生し、ちゃんと自力で呼吸しているか?



どれくらい成熟しているか? ものすごく不安でした。



ようやく夫がベットサイドへ訪れ、赤ちゃん達の様子を尋ねると、



『女の子は、呼吸がまだ苦しそうにしてるけど、人工呼吸器をつけて頑張ってるよ!



男の子は、体がものすごく小さいけど、とても元気だよ!』



と明るい返答に、私の不安感も少しだけ、軽くなったような気がしました。



超未熟児♂と低出生体重児♀ではありましたが、

五体満足
であれば十分です



生命力の強さを改めて実感しました。



PM8時頃、何とか下半身の感覚も、ほぼ戻りそれに伴い、

痛みも更にグレードUP!!



痛み止めも効いているのか?!効いてないのか?!



4人部屋で過ごす、手術当日の夜、声にも出せず、ひたすら我慢、我慢・・・・・・・



でも2時間が限界でナースコール。



痛み止めの点滴を追加してもらい、とにかく耐えることで必死でした。





http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店


  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月04日

VOL.13 誕生。【後編】


手術が始まって、結構時間が経っているのに、

なかなか赤ちゃんの泣き声が聞こえてこない。icon10


手術器具のやり取りは、何となくわかる・・。icon10


1人目の赤ちゃんを取り出すのに、とても手こずっている事を、

私は察知しました。076


そして、ようやく・・・・

12:43 女の子誕生!!icon12

体重1522g(推定より、かなり小さいです。)076


しかし、泣き声は聞こえず、頭もとの麻酔科医師に教えてもらい、

生まれた事を知りました。


しばらくして遠くの方で、小さな か細い泣き声が聞こえました。


案の定、逆子で頭がひっかかり、取り出すのに大変時間を要したそうです。


しかも、呼吸障害を起こしており、すぐに気管挿管が施行され

人工呼吸器が開始されました。


続いて、

12:45 男の子誕生!

体重750g(この子も推定より小さいです。)076


体型とは うらはらに、とても元気な声で泣いていた為、ちょっと驚きました。face08


男の子の方は、体が小さかった事と、女の子を取り上げた際、頭位に変わった為、


スムーズに取り上げられたそうです。


残念ながら、この時は2人の赤ちゃんとは対面する事ができませんでした。


この先、無事に育つのだろうか?・・・ 

という将来の不安を抱えつつも


この世に、2人の命が誕生した喜びと、感謝の思いで、胸がいっぱいになりました。icon12




【2人共、よーがんばったねー、無事に生まれてきてくれてありがとう・・・。】




男の子は、一足先に九大内のNICUへ、続いて女の子は、九大のNICUが満床で1人しか


収容できなかった為に、福岡市立こども病院へ救急車で搬送されました。


夫はタクシーに乗車し、救急車へついて行きました。icon16

福岡の東から西の病院へ。


夫から後で聞いた話なのですが、女の子は、一人で呼吸する事ができず、

移動中は 先生がポンプで


直接肺へ、酸素を送っていたそうです。

すごく苦しそうで、小さな胸が大きく上下していたそうです。


【がんばれ!!がんばれ!!お願い!! がんばって!!息をして!!】


ひたすら祈っていたみたいです。


私の方は、胎盤が取り出され、出血量も双子のわりには、少なくてすみました。


縫合が始まると、麻酔がきれ始めたのか?? 

上腹部を強く押されているような


苦しい気分になり、気が遠くなりそうでした。face07


子宮を、縦と横に切開した為、縫合にもかなり時間がかかり、

途中で麻酔が追加されました。


ようやく、かけものや、医療器具が取り外され、迎えのベットが来ると


主治医、助産師、看護学生に付き添われ、病棟のもとの部屋へ・・・


時計は、14:30を指してました。




http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 10:41Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月04日

VOL.12 誕生。【前編】

妊娠31週1日目  手術当日(緊急帝王切開)



AM9:20頃、夫が病院へ到着。



執刀医師(帝王切開の)より、緊急手術の必要性についての説明を受け、



夫はすぐに手術の同意書にサインしました。



その後は慌しく、手術前の処置が行われ、病室で待機。

(ちなみに、ここは4人部屋で切迫早産の妊婦さんや、出産後まもない、じょく婦さんと同室でした。)



心の準備もままならないまま、助産婦さんが『まもなく出発しますよ!』



迎えに来ました。



ストレッチャーに横になると、11:40夫に見送られ、手術室へ搬入されました。



ここは、真新しい、九州大学医学部付属病院の手術室です。



最新式の設備で、いくつもの部屋に分かれていました。



私は、3番の手術室へ・・。



手術台へ移ると、たくさんの医療機器が取り付けられ、もう”まな板の上の鯉”状態。



辺りを見回すと、2台の保育器と私を取り囲むように、



産科・小児科・麻酔科医師と助産師、手術室スタッフと総勢20名ほどがスタンバイ・・



これからお世話になる、小児科医師と挨拶を交わすと、早々に麻酔の体制へ・・



エビの様に背を丸め、腰椎麻酔の準備が整えられると、緊張と不安でドキドキ・・



腰椎麻酔が施されると、驚くほど下半身の感覚がなくなりました。



酸素マスクが装着され、胸の辺りには、つい立と、滅菌シーツがかけられ、視界がさえぎられました。



頭もとのモニターと、点滴、2名の麻酔科医師が見えているくらいだったと思います。




ウテメリンの点滴がOFFされ、手術が開始されました。






  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 09:28Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月03日

VOL.11 限界。

妊娠31週(入院後7日目)


明け方までは、胎動を感じていたが、朝 icon01 になると、

お腹の強い張りが、頻繁に現れ、それに伴い、胎動もはっきりしない・・・。

というか感じられない。face08

モニター上も男の子の波形は、平坦で元気がない事が分かりました。

 夕方になり、帝王切開の執刀医師(H医師)が訪れました。

『診察や、モニターで、2人の胎児の発育や元気度を見てきたが、このまま

ウテメリンを使って妊娠を継続するより、できるだけ早急に、出してあげる事を

考えなければならない。そこまで事態は切迫している。』

母親であり、看護士である私は、その言葉を冷静に受け止めました。

なぜなら、私自身、お腹の双子たちの出すサインを、身をもって感じ、

一刻も早く出してあげなければ・・・と危機感が強まっていたからです。


    ≪19:30~21:00エコー≫


推定体重1700g  850g  男の子は、あまり反応が見られず、

きつそうにしている。 face08

発育も停滞し、2人の成長度合いには、大差が生じていた。

主治医O医師  『明日、ご主人の合意が得られたら、緊急帝王切開です。』



http://kids.ocnk.net/  リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:28Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月03日

VOL.10 貴重な日々。

妊娠30週2日

朝早く、病棟主任医師が訪れ、「昨夜のような状況が、繰り返すようであれば、

早急に胎児を、出して上げなければならない。」 face06 事を告げられました。

その為にも、胎児の肺の発育を促す注射(頭蓋内出血予防)

すごく痛い注射で、体内がカーッと熱くなります。でも赤ちゃんの為・・・・・

 妊娠30週4日

夜間2:30頃から、男の子の心拍90台、5:30頃、心拍70台と低下し。icon15

10分毎による子宮収縮が起こっていました。

朝9:00頃には、5分毎に子宮収縮が起こり、腹痛腰痛も強くなり、

それに伴い、赤ちゃんの胎動が、感じられなくなってきたのでした。

すぐに、ウテメリン(子宮収縮抑制)の点滴が開始され、身動きも取れないくらい、

モニターや、血圧計が取り付けられました。

しばらくすると、ウテメリンの副作用で、動機、体熱感、手指の震えが現れ始め、

日記を付ける事も困難に・・・face08

 妊娠30週5日

ウテメリンの効果は、すぐに現れ、お腹の張りも、ほとんどなく、胎動も良好です。

このまま、お腹の中で、1日でも長く過ごさせてやりたい・・・。icon12



※《早産の場合、赤ちゃんの体重も、気になるところですが、重要なのは、在胎周数なのです。

在胎周数によって、赤ちゃんの成熟度(完成度)が変わってきます。


http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店 icon12
  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 09:30Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月02日

VOL.9 危険な兆候。

妊娠30週目

入院後1日目・・

トイレ、食事以外は、24時間双子用の胎児心拍モニター装着。

この日は、朝から手術前検査が次々と行われ、また、胎児の異常や

胎盤や、臍帯の位置関係を調べる為、複数のドクターで、エコーが行われました。

検査は長時間にわたり、大学病院という事もあって、1度に3~4名の医師で行われました。

とても疲れ、お腹も冷えて、張りが増してきます・・・・。face08icon11

その夜のことでした、22:40、主治医のO医師と看護師が血相を変えて、私のベットサイドへ

すぐに私にO2が投与されました。

男の子の胎児心拍が低下した為です。すぐに心拍は戻りましたが、

0:10、再度心拍低下。気がつくとドクター3人、看護師3人に囲まれO2の他に

エコーをしながら、心拍モニターも開始されていました。

赤ちゃんの無事は確認されましたが、やはり元気がなくなってきているようで、2:00、

4:00、7:00と胎児心拍が下がり、私は、横向きになる事も眠ることも恐れ、

ただひたすら、モニターの波形を見守り続けました。




http://kids.ocnk.net/ ← リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店

  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月02日

VOL.8 決断。

妊娠30週目(18ヶ月)

紹介状をもらい、翌々日に九州大学病院を受診しました。

長時間待った末、ようやく、超音波エコーが始まると、ドクターがすぐに3人ほど集まってきて・・

深刻な事態が起きていると察知しました。icon11

男の子の推定体重800g、骨の問題よりも、臍帯血流の逆流が深刻で、また染色体異常の

疑いも浮上・・・有無を言わさず、即入院することになりました。

(※長男はというと、夫赴任先のアパートで祖父母とお留守番です。大丈夫かな?・・・)

病棟へと移ると、病棟主任のN医師より、私達夫婦に重大な決断が迫られました。

【現状のままだと、男の子が、いつ急変するかわからない事。

女の子の成長に合わせて、分娩時期を選ぶか?男の子を犠牲にするという事です。

2人とも助ける方向で行くか? その場合、女の子にもかなりの負担・リスクが出てくる。

男の子は、30週で、800gある為、9割の生存率であるという事。

しかし、無事生まれてきても、障害がないとは言えない。】

私達夫婦はもちろん『2人とも助けたい!!2人とも助けてほしい。』と医師に即答しました。

緊急事態に備えて、その場で手術承諾にサインしました。

もうすっかり夕方でした。

検査の痛みと心労でぐったり・・・24時間、双子用の胎児心拍モニターが装着され、

ベット上で、安静の生活が始まったのでした。face06




http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S 早岐店・伊万里店

  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 09:30Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月01日

VOL.7 奈落の底。

妊娠29週5日目

主治医に、紹介状を書いてもらい、翌日、市内のK病院を受診いたしました。

診察してくれたのは、女医のO医師、腹部エコーにて胎児の細かい計測が行われました。

女の子は、1500g近くあり、男の子は、900g弱・・。face08

胎児モニターを装着すると、子宮収縮が30分に3回も起きていました。

男の子の大腿骨が異常に小さい(短い)ことを指摘され

四肢短縮症、または、骨形成不全症があるのでは?と胎児の異常を疑っている様子でした。

『・・・もし、そうであれば、出生後すぐに、外科的手術や人工呼吸器管理が必要となる為、

この病院では対応できない。』
と断言されたのでした。076

更に追い討ちをかけた言葉を聞いたのはこの後でした。

O医師は、今までの医師と違い、とても厳しいというか、耳を疑うような発言をされたのでした。

『もし男の子の方になんらかの異常(奇形)があるとするなら、女の子は順調である為、

女の子の方が、頭位に戻れば、自然分娩させたい。』
と言うのです。

この状態で自然分娩ってありえますか?!  face10icon08icon08

そうです。 男の子の犠牲は、やむを得ないという考え方なのです。

私たち夫婦は、大変、憤慨しました!!icon08icon08

男の子も、女の子もそれぞれ胎動を感じています。

一生懸命生きているのです。

”男の子 頑張って!!”と強く念じ、励ましながら・・

専門医の診断を得る為に、九州大学病院の周産期母子センターを受診することになりました。


希望を信じて・・・・。


http://kids.ocnk.net/ リトルウイングKID‘S早岐店・伊万里店  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 17:59Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年07月01日

VOL.6 不安が現実へ・・・。

妊娠29週

お腹の張りに加え、足の付け根も痛むようになり

薬の副作用で気分が悪くなったり・・・・。あれから1週間・・

女の子は、1424gと順調。 男の子は919gと殆ど成長しておらず

2人の体重差は顕著に現れていました。

臍帯血流(さいたいけつりゅう)も逆流したり、途絶えたり、

胎児心拍音からも男の子がきつそうにしている事が明らかになってきました。

至急、夫に連絡を取り、赴任先より急きょ帰宅してもらいました。

夜になりましたが、夫婦揃って、主治医に説明をうけ、男の子が

子宮内胎児発育遅延であることが告げられました。

今後の発育もあまり期待できないと・・・・・・・。

男の子の方が出す、警告サインを注意深く観察し、それに合わせて

分娩を計画する必要性がありました。

「早くて1~2週間・3~4週間持つと良いほうでしょう・・・。」

その主治医の言葉を聞き、事態の深刻さを痛感しました。



          2人とも助けたい・・・・

         いや必ず助けてやるからね・・・・・


私たち夫婦は、心に強く誓い、市内の未熟管理ができる病院へ、転院する事になりました。


http://kids.ocnk.net/ リトルウイングキッズ 佐世保早岐店・伊万里店  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 13:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年06月30日

VOL.5 胸騒ぎ

妊娠26週

妊娠7ヶ月にもなると、少し動いただけでお腹が張り、

横になると落ち着く・・・・という状態。face07

単胎の妊婦さんの8ヶ月相当のお腹の大きさに値する時期ですが、

まだ私のお腹は、そう大きくはありませんでした。 

胎動が下腹部でしか感じられない?!

すると予想通り2人とも逆子になってました・・・・。icon15

赤ちゃんの大きさはというと、(推定体重)女の子は1035g(単胎の赤ちゃんと同じくらいです。)

男の子は749g。  

2人の体重差が大きく開いていた為、再計測しましたが、

やはり男の子が小さく、私は、何か胸騒ぎを感じながら病院をあとにしました。

妊娠28週~妊娠8ヶ月に突入し、お腹が張る回数も更に増してきました。

横隔膜は押し上げられ、息苦しいし、お腹がすいても食べると苦しいので辛い・・・face08

7月の暑さと、貧血の悪化で、外出するとフラフラ・・・でした。icon15icon15

診察を受けると子宮頚部も柔らかくなっており、お腹の張り止めと貧血の内服薬を積極的に

服用するよう指導を受けました。

女の子は推定体重1118g・男の子は、868g、2人とも逆子のままです。

こんなに暑くても、2歳の長男は毎日元気にicon05icon14icon09暴れまくっています。

無鉄砲で手に負えません・・・。 フゥ~face08icon10


http://kids.ocnk.net/ リトルウイングキッズ佐世保早岐店・伊万里店  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 12:54Comments(0)双子の子育て奮闘記。

2008年06月29日

VOL.4 退職。

妊娠20週

腹痛とお腹の張りが度々起こり、立ち仕事はとても辛くicon15

貧血症状も出現!!face08 動機・息苦しさで、とてつもない不安感に

襲われ、自律神経のバランスも崩してしまうほどでした。

私は、仕事を早退し、受診日を繰り上げ、検診を受けました。

切迫流早産の危険はなかったものの、体力的に限界を感じ

予定よりも早く、妊娠6ヶ月で退職する運びになりました。

お腹の赤ちゃんは至って順調。女の子の方の横顔なんて、長男にそっくりでした。face01

退職後は、精神的にも落ち着き、心に少し余裕が持てるようになると、自然と食欲も出てきて、

胎動もポコポコ”感じられるようになりました。

(パパがお腹に話しかけると応えるようにポコポコ””  face05  )

私が心身ともに辛かったように、お腹の中の双子ちゃん達もきっと辛かったんだろうなあ・・・・。



http://kids.ocnk.net/ リトルウイングキッズ早岐店・伊万里店  


Posted by リトルウイングキッズのぱぱ&まま at 16:00Comments(0)双子の子育て奮闘記。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
PR
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
リトルウイングキッズのぱぱ&まま
リトルウイングキッズのぱぱ&まま
佐世保早岐で子供服・育児用品の
リサイクル販売・キッズフォーマル・ベビー用品レンタルのお店をしております。
お店の名前は、リトルウイングキッズと言います。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

定休日:毎週火曜日
営業時間:AM11:00~PM5:00
P有ります。


オーナーへメッセージ